海外に資産を作る事は自分の人生にも影響します

sdf8jsdfiiilfd 投資をやる上での魅力というものを一言でいうと『資産が海外にもある』という事が言えてこれは投資を行う上でとても重要になると考えます。投資というと株や債券が思い浮かびますが、これは同時に海外の株や債券に対しても同じように投資が出来るといった事になります。

例えば島国である日本が自然災害によるものや大規模な経済危機という事になれば、国内ばかりに目を向けていた人はその災害や経済と同時に破綻してしまう可能性が高くなってきます。しかし、ハイローオーストラリアで取引できる海外にも資産の目を向けていれば破綻する可能性は極めて低くなるのです。

これが世界的な大戦等始まってしまえば世界中どこにいても自分一人ではなく誰しもが同じような状態になっていくので諦めもつくと思いますし、ある程度納得する事も出来ます。

しかし、日本に住んでいた為に起きてしまった事柄であればどうでしょう?アメリカやヨーロッパでは普通の生活を送っているとしたらやはり割り切れる人の割合はとても少ないと感じるのです。日本にいなければ自分の人生も終わらなかったと思う人も出てくると思います。

ここで考えていきたいのは日本が抱える借金の問題ですが、2013年で国債が1000兆円を超えるという事でまさに借金まみれの時代に突入しています。少子化等の問題もありこれからの時代を考えても社会保障費なども増えていく事は目に見えてわかる程になっており、この借金によって最終的な苦労をするのは日本人であると言えます。

しかも、東日本大震災でもわかるように日本を四方を海に囲まれた島国であり尚且つ地震大国でもあり、海外に資産を持つというような対策をとっておく必要性はとても重要とも言えます。

これは円安などに対する投資も必要と言えますし、海外に投資をする分散投資といった事はこれからは非常に有効な手段になります。自然災害、経済破綻といった事を考えると、日本で資産を増やす事を考えるよりも自分の資産を分散し、もし自国に何かあった場合でも対処する事が出来るようにしておくリスクヘッジを考える事が投資をする上では大事な事になってくるのです。

こうして海外にも目を向ける事によって、円の価値にしがみついているような自身を変えるきっかけにもなりますし、大げさな言い方をすれば日本の一人ではなく世界の一人として物事を考えられるようになっていく事が出来るのです。これは、世界の運命が終わらなければ自分の人生も終わらないと考える事も出来て、小さな日本にしがみ付く必要がなくなってくるのです。

これを逆に世界に自分から働きに出るといった事は非常に難しい選択になるのですが、投資という事をもってすれば日本にいながらにして世界中に資産を確保する事が出来て、自分を守る道具としてお金を働かせているだけなのです。投資という事で海外に目を向ける事は今後はとても重要であり資産を分散した投資はとても有効であると言えるでしょう。